初マラソン6時間5分からのサブスリー

サブ3・4・5・6までのタイムゾーンを体感してきた経験から、日々の練習を含め色々と綴ります

【大会結果】柴又100k ~ レース詳細

改めて、ベストなレースだっと感じております。

ネットでは、8時間53分13秒(Av.5'19/km)でした。

即、写真付き記録証が出るサービスはすばらしい…とりあえず顔だしNGということで。。。

f:id:sub3runners:20170605095533j:plain

【Strart~10km】Av.4’37/km(46'09)

どうせ痛くなるのだから、気持ちよいペースでいこうと決め、良いペースで走っている数名に着いていく。10kmで、メダリスト5500を注入し、クエン酸回路に刺激入れ。

【10km~20km】Av.4'36/km(46'07)

順調に進むが少しずつ向かい風が強くなる。20kmでメダリスト・エナジージェルを1袋注入。

【20km~30km】Av.4'43/km(47'11)

向かい風が異常に強くなる。が、前の人も無理していないので、自分も無理せず行けるペースで進む。28km付近で、アミノバイタルジェルをもらい1袋注入。

【30km~40km】Av.5'03/km(50'31)

相変わらず向かい風が強い・・・折り返し以降風向きが変わらず追い風になることを期待する。37kmで1回目のトイレ。35km付近でメダリスト・エナジージェルを1袋注入。

39kmエイドで、親指程度のおにぎりを5個飲み込む。これでも消化不良にならない胃腸の強さが自分の取り得(笑)

【40km~50km】Av.5'09/km(51'32)

折り返しまで10kmだと気合をちょっとだけ入れる。脚も痛み始めたが、42km地点を3時間20分程度で通過でき、気持ちが楽になる。

45km付近で、メダリスト・エナジージェル1袋注入~。

【50km~60km】Av.5'47/km(57'45)

待望の折り返し地点でのドロップバッグ!

凍らしておいたアミノバイタルジェルは解けてて美味しい。スマッシュウォーターも500mlの水に入れて凍らせていたが、完全に溶けておらず、半分くらい飲んで持って走ることに決める。メダリスト・エナジージェル1袋も注入~。3分以内にはリスタートしようと決めていたがもうちょっとかかったかな?

リスタートしてから妻とすれ違うが、「きびしー!」の一言。でも、後半落ちずに上がってくるだろうと信じる。

【60km~70km】Av.5'50/km(58'19)

袋のエイドで、更におにぎり食べ放題状態で水で飲み込む。が、流石にペースが落ちてくる。でも、呼吸は楽なので、

「想定内だもんねー痛いのは」

「脳みその指令になんか負けないぞ~、辞めさせたがってるの知ってるんだからー」

と、根性論に入っていく。

メダリスト・エナジージェル1袋注入~。

【70km~80km】Av.5'53/km(58'48)

痛みも悪化せず「結構大丈夫だな?」と思い始める。

最初からネガティブ思考で、

「どうせ痛くなる」

「60km以降は地獄との闘い」

「キロ7分は想定内」

と決めていたので、気持ち的に楽だった。

72kmでアミノバイタルジェルを再度いただき1袋注入~。

そして77km付近のスペシャルバッグから、凍らせておいたアミノバイタルジェルを更に1袋注入~

【80km~90km】Av.6'07/km(61'16)

80km地点で、サブ9.5までアドバンテージ20分あることに気が付く。

60kmの設定ペースをキロ7分にしていたから、ここまで良いペースできたため余裕が出てきたということ。で、このまま行けばアドバンテージ30分になり・・・あれ?サブ9できちゃう?

・・・いやいや、90km地点で時間を見て決めよう。そんなに甘くないと心に誓う。

89km地点で、2回目のトイレ休憩。

90kmでショッツ(カフェイン入り)を1袋注入~。

【90km~Goal】Av.5'33/km(55'31)

90kmで、10kmを残り62分で走れば”サブ9”・・・行ける!

が、楽に9.5でゴールしたかったのに、良いペースで来てしまった為、更に苦しんでゴールをしろってことかぁ・・・人間って欲張りだなぁ・・・とか考えながら最後の試練にチャレンジする。

残り7km,6km,5km・・・あと皇居1周か・・・

そして、残り3kmで未舗装を走るが、これがキツイ、というか足裏が痛い。

でも、これも予定通りだしと、ピッチを変えずにストライドを小さくして淡々と進む。

未舗装をとうとう抜け最後の坂道を上りきれば残り1km・・・サブ9まで残り11分ある・・・

余力をだし、目の前に一人見えたので、とりあえず抜いておこう更にペースを上げ、感激のゴール!!

 

(今回の勝因)

1.脚が最後まで持ってくれた

2.呼吸が楽だった

3.天候に恵まれた

4.トイレが2回で済んだ

5.エナジージェルなど、エネルギーを摂りまくれた

6.最初からネガティブ思考

7.無理をしなかった

8.60km以降は、2.5km毎のエイドで水を頭上・後頭部・両膝に掛けまくった

 

そして、妻は、初ウルトラで9時間5分・・・予想以上の記録で表彰台ゲット~

すご過ぎる。。。

 

夫婦で、サブ9.5どころか、それ以上のベストな結果で、非常に嬉しかったです!

 

浴びるように飲むぞーーー!!!

 


マラソン・ジョギングランキング

広告を非表示にする