初マラソン6時間5分からのサブスリー

サブ3・4・5・6までのタイムゾーンを体感してきた経験から、日々の練習を含め色々と綴ります

【ラン日記】30km走の日

f:id:sub3runners:20170722105755j:image

今朝の日の出も綺麗です。

 

この勢いで、予定通りキロ5分の30km走をやろうとスタートする。

 

6時半スタート…直ぐに滝汗…

 

5km毎に土手沿いの水道で、給水&かぶり水をしますが、辛さは変わらない。

 

10kmで既にペースはどうでも良く、目標を30km走りきることに変える。

 

スポドリ飲みたくなり、土手をおりて自販わ探す…

 

結果、最後はヘロヘロゴールでした…

 

f:id:sub3runners:20170722111212j:image

 

今日は、毛細血管までしっかり酸素を届け鍛えるLSDぽくなってしまいました。

 

あすは、朝一月例5kmTTで、ミトコンドリアを増やしてきます!

【ラン日記】2日連続のポイント練習

中負荷であれば、2日連続でポイント練習して良いかなと実行してみました。

 

〈水曜日〉

- 朝8km弱のジョグでスッキリさせる。

- 夜6km強のWUで汗を1発だしておく。

- その後、10km強のBUをスタート。

   7km過ぎにラン仲間が合流し、おかげで最後までしっかり走れました。

f:id:sub3runners:20170721070442j:image

〈木曜日〉

- 朝約11kmをジョグで滝汗。

- 夜7km弱のWU後、5kmをLTペースで実行

f:id:sub3runners:20170721070735j:image

 

結果、今朝は疲労が取りきれず、散歩みたいなジョグを6km程度しました。

週末ポイント練習のために、本日は2部練をやめ、しっかり休みます。

 

とりあえず今のところ順調で、このまましっかり今月も500kmを走りきっておきます。

f:id:sub3runners:20170721071017j:image

【お役立ち】好きな練習で日本記録破り1億円出たら頭下げる・・・

瀬古さん、あなたは強かった・・・

頑張ります!

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

瀬古利彦「好きな練習で日本記録破り1億円出たら頭下げる」 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

 

以下、抜粋・・・

 

 

──最近も高校の指導者が1980年代の練習を公然と批判していて驚きました。マラソンを走ったことも、選手を育てたこともないのに。ついに時代はここまで変わったのかと。

 

「本当そう思うんですよ。格好良くとか、楽しくとか、合理的にとか、そういうことが前面に出てきている。それで速くなっていればいいですけど、結果が出ていないのにそれはちょっとおかしいだろうと。

 

 

──最近の選手が距離を踏まない一番の理由はケガするのが怖いと。

 

 「ケガって(苦笑)。だから、ケガしないような体作りをしなさい、と。長い距離を走ったり、練習の合間に歩いたり、補強を工夫したり、いろいろなことが必要になってくる。 

そもそもケガしないことを前提に練習していること自体が考えられない。ケガして1年くらい悩んで、くそっと思って。それも突き抜けるために必要なことです。昔の選手はケガするかしないかぎりぎりのところでやっていた。いつからこうなっちゃったのか……本当、悩ましいよ」

 

 

──アフリカ勢に離されるばかりで。

 

「3年前に選手を連れてケニアのトレーニングキャンプに行ったんです。複数のチームが同じ場所で練習していて、朝になるともの凄い数の選手がうわーっと走ってくる。壮観ですよ。ただ練習内容に関しては驚くようなものはなかった。僕らが昔やっていたのと同じ練習をやっていたから」

 
〈ここに何とも皮肉な現状がある。1980年代後半から日本の大学や企業がケニア人ランナーを採り始め、世界レベルで活躍する選手が何人も生まれてきた。引退した彼らは、日本で学んだマラソン練習のノウハウを母国に持ち込み、ますます強くなっている。日本がケニア人を育てているようなものでもあるのだ。〉
 

──北京五輪で優勝した日本育ちのサムエル・ワンジルは日本で学んだことは「我慢」だと言ってましたね。

 

「日本人はさ、農耕民族でね、勤勉で真面目で我慢強くて。同じことを繰り返しやることを厭わない。マラソンにはうってつけの国民性だと思う。野口(みずき)さんの『走った距離は裏切らない』という言葉の通りなんですよ。高橋(尚子)さんだって、練習量は僕よりはるかに多かった」

 

 


 

 

【検証】夏場は酸素が薄い…!?

以前から感じていたのですが、気温が30℃前後になると、走り出しから呼吸が浅い感じがして、吸っても吸っても苦しい感じがしていました。

 

f:id:sub3runners:20170719080126j:image

※注意)写真は暑さを紛らわすためのイメージ画像で、本件と全く関係ありません・・・苦笑 

 

そして、なんちゃって理系の私は、気温が高いと同体積あたりの酸素密度が低くなるから、ひと呼吸あたりの酸素吸収量が冬場に比べて少ないんだろうな…だから、苦しいのかな?と、勝手に考えていました。

 

で、やっと調べてみました・・・

 

検索で出てきたのは、バイクや車のエンジン・燃費系ばかり…

 

しかし、参考になりました。

 

車の燃費は、夏場に比べて冬場は20%ほど悪くなるようです。

(20km走行したときを例に挙げていますので、これもハーフに近い・・・)

 

どういう事かというと、残存酸素量によってガソリンの噴射量を調整しているようで、冬場は酸素密度が高いため、酸素量が多いと判断され、夏場に比べてガソリンが多く噴射=燃費が悪くなるという事らしいです。

 

20%………

 

一昨日のハーフは、1時間41分。

ベストは、1時間24分。

 

101/83=1.202

 

偶然でしょうが、なかなかの検証結果です。

 

酸素が20%少ないから20%遅くなる…

 

かは、わかりませんが、

 

「息が上がらないように…」

「息が上がったら終わり…」

 

と、ラン日記に良く書いているのをお気付きかと思いますが(知らねーってか!)、夏場は呼吸があがるとリカバリーが全く効かないのは、ひと呼吸における酸素量が絶対的に少ないのが、ひとつの原因かと思われます。

 

とはいえ、これは高山トレーニングの環境と似ている(気温以外・・・)

 

ので、夏場はペース遅くとも心肺機能の強化はされていると思いますので、引き続き(嫌だけど)ポイント練習も入れながら練習していきます。

 

因みに、参考にしたサイトは下記の保険サイトでした・・・

冬場は夏よりも燃費が落ちる理由

 

 

 

 

 

【国内旅ラン】パイナガマビーチ~早朝ラン

f:id:sub3runners:20170718091920j:image

昨日の疲れで朝5時に起きれず…なので、近場のパイナガマビーチまで走り、カママ嶺公園の噂のビッグシーサー滑り台を経由して帰る。。。

f:id:sub3runners:20170718092148j:image

そして、待望のSUPが新城海岸で午後に控えているので、午前中から新城に行き遊んで待ちました。

f:id:sub3runners:20170718092645j:image

f:id:sub3runners:20170718092543j:image

いつ来ても綺麗〜

 

f:id:sub3runners:20170718092333j:image

餌付けされすぎ〜

 

f:id:sub3runners:20170718092359j:image

魚肉ソーセージ持ってないからね〜

 

f:id:sub3runners:20170718092810j:image

ランチしながら、SUPに備える…

 

で、SUP!

f:id:sub3runners:20170718092851j:image

 

落ちまくる私を横目に妻はスイスイ…

 

結局、石川五右衛門ばりのあぐら座りでリーフエッジまで行き、浅瀬とまた違う絵柄をシュノーケリングで楽しんできました!

バラ珊瑚も凄かったです!

 

 

 

【ラン日記】赤羽ハーフ

何故、この時期に地獄温泉内を走る並みのレースを入れたのか…

 

とりあえず、昨晩のアルコールを飛ばすために早朝6km走りにいくが、まさかの豪雨…

土手でホワイトアウトしそうになるが、無事生還…

 

10時半スタートのハーフにジョグで向かうも2kmで既に汗だく…35度湿度85%…走る意味がわからない…生きて帰るために目標は完走。

 

スタートから、だるだる走り5、6番目を走行。

 

私は最初から、スマッシュウォーターをペットボトルに入れ走り、1km毎にチビチビ飲む。

 

前は速く、妻も速く全然先に行っている。

 

いいんです、今日は完走目的なので…

 

ミレーのインナーも着ているので、ウェアが肌につくこともなく、肌呼吸も順調…

 

と、気がついたら一人抜いた…

 

で、気がついたら、妻を抜いた…

 

で、気がついたら、また一人抜いた…

 

で、気がついたらトップ…

 

そのままゴールし、久々優勝は気持ち良し。

 

タイムは、この環境ならこれがベスト。

 

スマッシュウォーターとミレーに感謝。

 

体重3kg減っていました。。。

 

f:id:sub3runners:20170717170310j:image

【ラン日記】ラスト・ビレッジ…東秩父村

東秩父村…まぁご存知ないと思いますが、埼玉県で唯一の村です。

 

そんなところに野暮用ができたのですが、最寄りの小川町駅からも10km以上で、バスも1日5,6本しかないので、普通の人は「走って行こう」となりますよね!

 

……ということで、折角だから、東松山駅から走ってみました。

 

f:id:sub3runners:20170715153654j:image

 

朝から暑い…8kmくらいで、脱水気味になり、コンビニでオニギリと経口補水液を注入〜

 

ちょっと復活するが、陽射しは強くなるばかり…宮古島よりキツイ?

 

f:id:sub3runners:20170715153854j:image

 

なんとか、和紙で有名な小川町の道の駅に到着…

 

f:id:sub3runners:20170715154002j:image

 

景色は良いが、山々山々…

 

f:id:sub3runners:20170715154042j:image

 

 川川川川…

 

清流、キレイ〜

 

途中途中、自販機でドリンクを買い、計2リットル摂取しました。

 

そしてラストビレッジに突入ー

 

f:id:sub3runners:20170715154244j:image

 

ゴールは目の前・・・

 

f:id:sub3runners:20170715154327j:image

 

川でアイシングしたかったですが、何故か封鎖され入れませんでした。。。

 

でも、金魚がお出迎え〜

(鯉ではなく、金魚すくいの金魚を池に放したら成長著しく…らしいです)

f:id:sub3runners:20170715155258j:image

 

f:id:sub3runners:20170715154737j:image

f:id:sub3runners:20170715153943j:image

f:id:sub3runners:20170715154805j:image

 

ずっと上りで暑く辛かったですが、汗かきまくりは気持ち良かったです!